協議離婚は簡単

冷めきった夫婦間で話し合いを行い、最終的に離婚を選ぶというケースは少なくありません。そこから色々な手続きを踏んでいき、離婚を決めていくことになります。そんな離婚にも種類がありますので、選択を間違えてしまうと時間がかかってしまいます。協議離婚は話し合いを行い手続きを行っていきますが、調停離婚や裁判離婚といったものがあります。

その中でも一般的なのが協議離婚ですが、手続きとして役所より離婚届をもらいます。そして夫婦がそれぞれ署名をし、捺印をして成立していきますが、ここで他にお互いの証人が必要で、それぞれ署名ならびに捺印が必要となります。また夫婦で未成年の子供が1人以上いる時には、どちらが親権者とならなければなりません。そのために情報を記入しなければなりません。親権者を決めないと離婚届が役場などで受理ないことも理解しておきましょう。

主な離婚に関して原因となるのは相手の不倫であったりDV、さらに性格の不一致などといったものが考えられます。しかし協議離婚だと離婚の理由や原因を中身で一切問われません。夫婦間で離婚について合意をしていれば可能で、手続だと必要な書類は離婚届だけです。簡単かつ便利な手続きとなるだけに、注意が必要となります。例えばいずれかの立場が離婚原因などで弱くなっており、不利な条件を突きつけられてしまうことがあります。こうなると渋々同意することもあります。さらに感情の起伏が激しいと、離婚をするという一時の感情で、その後について話し合いを一切行わないまま進めてしまう場合もあります。冷静に対処することが重要となります。