調停離婚の流れ

協議離婚と比較して調停離婚というのは。相手が協議離婚に応じてくれない時に行います。すぐに離婚に関する裁判をスタートするのではありません。家庭裁判所へ最初に離婚調停に関して申立てを行っていきます。その調停というのは、裁判と同じような強制力を一切持っていません。裁判所が離婚が適切だと考えたとしても、最終的な決定は夫婦の合意となります。こうしないと離婚が全く成立しません。調停で相手方が離婚に全く応じない時に、ようやく裁判をスタートすることができます。

離婚について話し合いが全くまとまらないようであれば、別れていくことに対して同意をしていても、親権者もしくは監護者が決まっていないこともあります。そうなると養育費や財産分与、さらに慰謝料などで同意を求めます。これでもできない時は、家庭裁判所で調停に関して申し立てていくことで成立していきます。

手続きは全国各地の家庭裁判所で、窓口に用意されているフォーマット化されている申立書を使います。無料でもらうことができますが、そこにサンプルを参考にしながら必要事項を記入します。これで申立書を成立させていきますが、申立人の印鑑は必要不可欠です。病気などで診断書がある場合、それも用意する必要がありますので、用意をしておきましょう。